Freelance

Freelance

フリーランスエンジニアの週1日から案件探し方 会社員の土日の副業 おすすめや注意点を解説

エンジニアの週1の副業案件をやるにあたって、企業探しのおすすめを解説します。フリーランスは会社員でもなることができます。近年副業が認められる傾向にあり、土日にも仕事を始めるエンジニアが増えてきています。会社員でありながらも、副業としてフリーランスのエンジニアになることができる時代なのです。
Freelance

フリーランスエンジニア:確定申告 青色申告と白色申告

フリーランスエンジニアに限らず、フリーランス全員に関係のある確定申告は色々面倒です。ですが申告をしないと無申告扱いになり、ペナルティを受けることになるので、もっと面倒なことになります。フリーランスエージェントの中には確定申告を代行してくれるところもありますので、ぜひ登録をしてみましょう。
Freelance

フリーランスエンジニアはやめとけといわれる本当の理由とは? 後悔と実態を解説

フリーランスエンジニアはやめとけと人の多くがいう理由について特徴や経験を交えて記事で紹介、解説をします。フリーランスITエンジニアと言うのはとても不安定で、収入が安定しないと言うイメージを持っている方が多くいるようです。これは当たっている一面がありますが、外れている面もあります。それではなぜフリーランスを止める方が一定数いるのか、その理由を説明していきます。
Freelance

フリーランスで経験が浅いエンジニアの実態 必要経験年数と実務案件はこなせる? 大丈夫か解説

フリーランスエンジニアでスキルや実務経験が浅い方の場合は働き続けられるの?記事で解説します。必要なのは3年と言われていますが案件を取る方法もあります。フリーランスのエンジニアは数年以上の経験値を持ったベテランエンジニアがなる傾向にありますが、若手の20代エンジニアでもフリーランスになることは可能です。しかし問題になるのは経験値の浅い点であり、この状態で、フリーランスになれるのか?と言う疑問が出てくるのです。
Freelance

フリーランスエンジニアの現実は甘くない? やめとけと言われる理由、実態について解説

フリーランスエンジニアの厳しい現実、メリット、デメリット、特徴を記事としてまとめて紹介、解説しています。フリーランスと正社員は違います。フリーランスは正社員のような保証がないからです。フリーランスエンジニアの現実や実情はどのようになっているのでしょうか。フリーランスとして生きていくことは、基本的には甘くないと言われることが多いです。
Freelance

フリーランスエンジニアの平均年収を職種別で紹介、解説 収入アップは可能?

フリーランスエンジニアの平均年収について目安や職種別で明確に本記事で紹介、解説します。フリーランスのITエンジニアは、2020年代の現在、とても数が増えています。これは企業に属していても年収が上がらないことがもうすでに、労働者はしっており、自分で稼いでいこうというエンジニアが増えているからです。それではフリーランスのエンジニアはどれくらいの報酬をもらっているのでしょうか。
Freelance

未経験がフリーランスエンジニアになる方法、IT案件を解説 無職やフリーター、主婦でも獲得可能?

フリーランスのITエンジニアは未経験の人でも仕事、案件の獲得が可能でその理由を記事で解説します。フリーランスのITエンジニアというと、会社員としてとても経験豊富な熟練エンジニアが目指すものだと思うことが多いでしょう。実際のところ、即戦力を求めている仕事が多く、経験やスキルを問われるものが多いです。しかし完全未経験者でもフリーランスを目指すこと自体は可能なのを知っていますか?
Freelance

フリーランスITエンジニア:始め方と独立して案件獲得するまでの流れを解説

フリーランスITエンジニアが未経験の方向けに参考として仕事の始め方についてを記事として解説します。フリーランスITエージェントの会社は、無料で登録ができます。しかし、登録から就業までの流れと言うのがあまりわからない方も多くいます。そんなときはこの記事を参考にしてもらえればと思います。就業までの流れを説明します。